昼間の気温もマイナス

凍りつくような寒さ。
雪が降らないのがせめてもの救い。
降り続いている地域は本当に大変だと思います。
まだ12月なのに !
皆さん、乾燥と寒さには充分お気をつけください。

今日は昼間もほとんどマイナスの気温でした。
夕方4時には・・なんと・・マイナス4℃ !
こんな12月は、はじめてです。
今は1月ですよー、と言われても「そうかもしれない」と思ってしまう。
今からずーっとこの「寒中の気温」が続くのでしょうか。
さすがに、畑や田んぼには人影がありません。
(作物はすべて凍りついてしまいましたが)
作業ができる気温ではありません。

一日はあっという間にすぎてしまいます。
暖かさを感じる時間が短い。
そう、まだ「冬至」前なんですよね。
# by organic81 | 2005-12-18 18:19 | Comments(0)

またいちだんと寒くなる

数年に一度、といわれる(上空5000メートルの気温がマイナス42℃ ) 寒気が
ぐっと南下してくるそうです。今朝は昨日より1.5℃ほど朝も暖かかった。
(マイナス5℃で暖かいとは言いたくないけれど)
ずっとこんな寒さが続いているので、なれてきたのかもしれません。
さあ、明日の朝は何度まで下がるかな?
というより、昼間の気温が上がらないらしい。
今寒いと、1月と2月は案外暖かくて・・ほっとしていたら、春が寒いというパターンになるのかもしれない。春が寒いのは困るなぁ。
羊たちのために、畑に残っている巻かなかった白菜、凍った白菜、聖護院大根を取りに行きました。聖護院大根は凍っていて、土ごとはがれてしまう。まるで土星とその輪状態。それでも、適度に水分がとんだ大根と葉は羊たちにとっては貴重な食料となります。(羊たちにとって、というより私たちにとって、かな。干し草を購入するとものすごく高いから。今しばらくは、これを食べてね。)
# by organic81 | 2005-12-17 20:08 | Comments(0)

ツグミが来た

相変わらずの寒さでした。
それでも昨日より、昼間の陽射しが暖かかった。
その分、2℃くらいは気温が高かったのではないかな。
朝の寒さは・・もう、本格的な冬( って、かなり前からそうでしょ)
今日は満月ですね。
気温が低いので、きっと美しい月が見られるはず。
この月が細くなってなくなると・・新年 !
あと少しで、今年も終わりです。

そんな中、やっとツグミの群れをいくつか発見。
今年はのんびりの到着でした。
いったい、何処をどんな風に渡ってくるのでしょうね。
渡り鳥の調査はGPSを使って行われているようですが、
それは大型の鳥(ナベヅル、マナヅルなど) の一部に限られている。
小型の渡り鳥にはまだまだわからないことがたくさんある。
# by organic81 | 2005-12-16 20:51 | Comments(0)

冬の台所(12月16日)

早々と土が凍りついて、畑に残ったにんじんを掘ることができなくなりました。
こんな時のために、「割れ・ひび・変形」のハネダシにんじんを
みかん箱2つ分取っておいてある。
これが重宝するのなんのって。
炒めもの、煮もの、汁ものに大活躍しています。
昨日の「おでん」は大きな大根が主役だったけれど、にんじんを入れても良かったな、
食べ終わる頃になって思った。(翌日のおでんのなんて美味しいこと ! )
今日のごはんは、五穀ご飯、にんじんと大根のみそ汁、にんじんと高野豆腐の煮物、イカのすり身団子と豚ひき肉&青菜の団子、小松菜(保存)のおひたし
オーブンものは、はい芽入り山型食パン(朝食用)
# by organic81 | 2005-12-16 20:50 | Comments(0)

冬の台所(12月15日)

保存して室内(寒いところ)に取り込んである「大根」
まだまだ美味です。
今日はものすごーく大きく太い大根を全部使いました。
(これも、はねだし大根。横に直径1センチの穴があいている。)
特大土鍋に昆布、鶏手羽、かつおぶし 、で出汁をとり、大根を煮る。
お昼頃から煮はじめる。すぐに煮えるのが嬉しい。
(自然塩、しょう油、みりん) 味はすっきりめに付けて・・
ちくわ、こんにゃく、はんぺん、ちくわぶ、さつまあげなどを入れる。
さらに煮合わせる。火をとめて、子供たちが全員帰ってくるのを待って、
晩ごはん !
今日のオーブンものは、はい芽入り山型食パン
# by organic81 | 2005-12-15 21:31 | Comments(0)

寒さは

今年の12月は寒い。
寒がりの人ではなくても寒い。
今朝の気温はなんとマイナス8℃・・
いったいどうなっているのでしょうね。
恐ろしいことに、今週末は「数年に一度」来るか来ないかといわれる
ほどの寒気がやってくるとか。
八ヶ岳南麓はどちらかというと太平洋側の天気に似ています。
太平洋側に雨や雪が降る時は「大雪」となり、
お隣の長野に雪が降ると、風の向きによっては吹きつけてくる。
そんな感じです。
(諏訪湖や塩尻が雪でも、こちらは晴れていることが多い。)
風が強くて冷え込む、というのが特徴。
毎日毎日ものすごーく冷えています。

こんなに寒いのに、ツグミやシロハラを目にしません。
いったいどうしたのでしょうね。
# by organic81 | 2005-12-15 21:30 | Comments(0)

強烈な寒さ

今朝の冷え込みは強烈でした。
比較的暖かいところにある温度計ではマイナス7℃。
実際はもっと低かったかもしれません・・。
あんなにきれいで立派だった青菜たちも「ぺしゃん」と土にへばりついてしまい、
しゃきしゃきしていた茎も(凍りついて)へなへなです。
土も凍り、包丁が入らないどころか、にんじんも掘れません。
だから、数日くりあげて店じまい。
今年度の野菜出荷はすべて終了となります。
野菜たち、お客様、ありがとうございました。
ずっと天気に文句を言い続けていましたが、
ふり返ってみると、よく健闘したような気がしてくるのが不思議です。
そして、来年のことを頭の片隅で考えはじめている。
そう、来年がある。
こんな風に思えるから、続けていける仕事なんですね。
がんばろう
# by organic81 | 2005-12-14 20:19 | Comments(0)

冬の台所(12月14日)

越冬保存野菜を使うという雰囲気が、早くも出てきました。
今日からタイトルは「冬の台所」です。
昼間の気温も3℃くらいまでしかあがらず、1月下旬を思わせる寒さ。
畑の様子を見に行きアートグリーン(青菜、何に近いといったらいいのだろう)
取ってきました。たっぷりの湯でさっと茹でて、水にさらし、水気をしぼる。
これは甘さが強すぎる感じのない(冬の耐寒青菜は時々甘すぎるように思える) アクも少ない食べやすい菜です。今日はマスタードやマヨネーズをちょこっと付けて食べてみました。
晩ごはんは、豚汁、にんじんの炊込みごはん、鶏ひき肉団子さっぱり味、チンゲンサイの炒めもの、じゃがいもの千切り炒め 
オーブンものは、はい芽入り山型食パン(朝食用)、クリスマス型ぬきクッキー !

a0065728_20183153.jpg

# by organic81 | 2005-12-14 20:18 | Comments(0)

強力な寒気

強力な寒気は衰えることなく居座っています。
正確な数字を出せる訳ではないけれど、こんな12月は記憶にありません。
いつもの12月は「クリスマス寒波」というきつい冷えがあるものの、
それは3日ほど耐えれば緩んでいったものでした。
一度はダメージを受けかけた野菜たちも、もう一度元気を吹き返し、
年内はなんとか形になっていて出荷できる。それが例年の12月。
今年は違いますねぇ。
ずーっと寒い、朝の冷え込みはマイナス続き。
一週間前にはビックリ積雪までありました。
そして、昨日の朝の冷え込み !
ついにマイナス6℃の世界へ・・
これはもう、寒中の気温ですよ。
「冬至」は来週でしょう? と思わず問いかけてしまいます。
ここまで元気でしゃきっとしていた青菜たちも、さすがに昨日の寒さには
まいってしまいました。土も凍り、収穫包丁が折れてしまいそう。
いちばん暖かいはずのお昼になってもとけません。
そろそろ出荷、終わりかなぁ。
# by organic81 | 2005-12-13 06:37 | Comments(0)

晩ごはん

今日の晩ごはんはビーフシチュー
(じゃがいも、にんじん、をたっぷり入れて、かぶも加えてしまいました。)
寒い日が続いていまので、煮込み料理が欠かせません。
それから、水菜と白菜の炒めもの。
これはもう「露地の力」そのもの、といった感じの水菜と、
冬になって巻いてきたフレッシュな(緑の)白菜。
以前は時おり八百屋さんの店頭でも見かけた「北京白菜」という、
葉っぱに棘があるのかと感じられるくらいパリパリした白菜をご存知ですか?
(別名タケノコ白菜) よくある白く硬く巻いた白菜とはまた違った味わいの白菜でした。
今日食べた白菜はまさにそんな感じ。勢いがある。
寒い一日で疲れた身体がぱりっとしてくるようです。
# by organic81 | 2005-12-08 21:27 | Comments(0)

オーガニックな日々のあれこれを綴った日記です。自然のこと、畑のこと、野菜のこと、食べものあれこれをぽちぽちと。HP八ヶ岳オーガニックのblog版です。


by organic81